恒松 制治   (1923-2011)

恒松 制治(つねまつ せいじ、1923年1月21日 - 2011年7月23日)は、日本の経済学者、政治家。 財政学。 島根県知事(3期)。 第5代獨協大学学長。 連邦制・道州制を提唱。 戦国武将立原久綱の後裔。 [略歴] 1923年、島根県大田市生まれ。 1947年、京都大学経済学部卒業 農林省入省 農林省農業総合研究所出向 1958年、学習院大学経済学部教授 1975年、島根県知事(1987年まで) 1988年、獨協大学経済学部教授(1992年まで) 1992年、獨協大学第5代学長(1993年まで) 1993年、埼玉総合研究機構理事長 その他、社団法人行革国民会議代表 2011年7月23日...

「Wikipedia」より

この人物の情報

人物名ヨミ ツネマツ セイジ
人物別名 恒松制治
生年 1923年
没年 2011年
職業・経歴等 経済学者

本の一覧

タイトル 著作者等 出版元 刊行年月
新・地方自治の論点106 恒松制治 監修 ; 柴田啓次 ほか編 時事通信社
2002.3
地方自治の論点101 恒松制治 監修 ; 柴田啓次 ほか編 時事通信社
1998.3
討論地方分権 恒松制治 ほか著 ; 大阪自治体問題研究所 編 東方
1994.4
市民が政治を変える : どこへ行く?日本の21世紀 セッションD 編 ほんの木
1994.5
連邦制のすすめ : 地方分権から地方主権へ 恒松制治 編著 学陽書房
1993.4
自治を求めて : 恒松県政12年の軌跡 恒松制治 著 ぎょうせい
1991.10
地方自治のこころ : 農業問題、活性化、人づくり、連邦制への視点 恒松制治, 橋本徹 対談 学陽書房
1990.6
新訂財政学の知識 恒松制治 著 ぎょうせい
1989.7
いま、ふるさと創生は 恒松制治 編著 ぎょうせい
1989.11
この人物の作品が掲載されている本を検索

作品の一覧

この人物を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この人物と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想