綱島 梁川   (1873-1907)

綱島 梁川(つなしま りょうせん、1873年(明治6年)5月27日 - 1907年(明治40年)9月14日)は、日本の宗教思想家、評論家。 [生涯] 岡山県上房郡有漢村(現高梁市)生まれ。 本名・栄一郎。 明治23年に岡山の高梁教会で古木虎三牧師より洗礼を受ける。 明治25年(1892年)に東京専門学校(後の早稲田大学)に入学する。 坪内逍遥、大西祝の教えを受ける。 逍遥の『早稲田文学』の編輯に加わり、文藝・美術評論を書く。 横井時雄の本郷教会や植村正久の一番町教会に出席する。 この頃正統的な神学に懐疑的になり、倫理に傾倒するようになった。 肺結核で神田の吉田病院に入院しているときに、副院長...

「Wikipedia」より

この人物の情報

人物名ヨミ ツナシマ リョウセン
人物別名 綱島梁川

綱島, 栄一郎
生年 1873年
没年 1907年
職業・経歴等 信者
をも見よ 綱島, 栄一郎

本の一覧

タイトル 著作者等 出版元 刊行年月
新島襄・植村正久・清澤満之・綱島梁川集 武田清子, 吉田久一編 筑摩書房
2013.1.25
梁川全集 綱島梁川 著 ; 梁川会 編 大空社
1995.1
梁川全集 綱島梁川 著 ; 梁川会 編 大空社
1995.1
梁川全集 綱島梁川 著 ; 梁川会 編 大空社
1995.1
梁川全集 綱島梁川 著 ; 梁川会 編 大空社
1995.1
梁川全集 綱島梁川 著 ; 梁川会 編 大空社
1995.1
梁川全集 綱島梁川 著 ; 梁川会 編 大空社
1995.1
梁川全集 綱島梁川 著 ; 梁川会 編 大空社
1995.1
梁川全集 綱島梁川 著 ; 梁川会 編 大空社
1995.11
この人物の作品が掲載されている本を検索

作品の一覧

この人物を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この人物と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想