塚本 学   (1927-2013)

塚本 学(つかもと まなぶ、1927年1月14日 - 2013年4月12日)は日本の歴史学者。 専門は日本近世史、地方史。 国立歴史民俗博物館名誉教授。 [経歴] 福岡市出身。 旧幕臣塚本明毅の子孫。 福岡県立修猷館高等学校を経て、1950年東京大学文学部国史科卒。 愛知県立高校の教諭を経て信州大学人文学部教授、国立歴史民俗博物館歴史研究部教授、1992年定年退官、名誉教授。 2013年4月12日、心不全のため死去。 86歳没。 [著書] 『地方文人』(教育社歴史新書、1977年) 『生類をめぐる政治 元禄のフォークロア』(平凡社選書、1983年)のちライブラリー、講談社学術文庫 『近世再...

「Wikipedia」より

この人物の情報

人物名ヨミ ツカモト マナブ
人物別名 塚本学

塚本, 學
生年 1927年
没年 2013年
職業・経歴等 歴史学者

本の一覧

タイトル 著作者等 出版元 刊行年月
岡田菊次郎 : 塚本学遺稿 : 付明治用水と日本デンマークを支えた人々 塚本学 [著] ; 狐牛会編集 明治用水土地改良区
2016.2
列島文化再考 網野善彦, 塚本学, 坪井洋文, 宮田登 著 筑摩書房
2015.5
塚本学著作目録 塚本良子 編 塚本良子
2014.4
生類をめぐる政治 : 元禄のフォークロア 塚本学 著 講談社
2013.2
塚本明毅 : 今や時は過ぎ、報国はただ文にあり 塚本学 著 ミネルヴァ書房
2012.9
御当代記 戸田茂睡 著 ; 塚本学 校注 平凡社
2009.9
〈いのち〉と家族 太田素子, 森謙二 編 早稲田大学出版部
2006.12
生きることの近世史 : 人命環境の歴史から 塚本学 著 平凡社
2001.8
徳川綱吉 塚本学 著 吉川弘文館
1998.2
この人物の作品が掲載されている本を検索

作品の一覧

この人物を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この人物と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想