塚原 渋柿園   (1848-1917)

塚原 渋柿園(つかはら じゅうしえん、1848年4月4日(嘉永元年3月1日) - 1917年(大正6年)7月5日)は、明治時代の小説家。 旧幕臣市之丞昌之とタキの子として生まれる。 本名は靖(しずむ)。 明治1年(1868年)静岡藩士となり静岡に移り,沼津兵学校,静岡医学校,浅間下集学所で洋学を学ぶ。 一時小学教員となるが,明治7年横浜毎日新聞入社。 「横浜毎日新聞」に入社、明治11年(1878年)「東京日日新聞」に変わり、新聞小説家として一世を風靡した。 歴史小説、髷物小説を多く書いた。 寥州(りゅうしゅう)、志かま(しかま)、十四庵(じゅうしあん)、縦死(じゅうし)、自由思園(じゆうしえん...

「Wikipedia」より

この人物の情報

人物名ヨミ ツカハラ ジュウシエン
人物別名 塚原渋柿園

渋柿園主人

塚原, 渋柿

塚原, 澁柹

塚原, 澁柿

塚原, 蓼洲

塚原, しかま

志かま

十四庵

時迂叟

塚原, 縦死
生年 1848年
没年 1917年
職業・経歴等 小説家
をも見よ 塚原, 靖(1848-1917)

本の一覧

タイトル 著作者等 出版元 刊行年月
明治歴史文學集 稲垣達郎, 瀬沼茂樹編 ; 福本日南 [ほか] 著 筑摩書房
2013.1.25
「孫子」叢書 湯浅邦弘 監修 大空社
2013.6
明治歴史文學集 稲垣達郎, 瀬沼茂樹編 ; 福本日南 [ほか] 著 筑摩書房
2013.1.25
昆太利物語 ビーコンスフィールド 著 ; 福地源一郎, 塚原靖 訳 人間文化研究機構国文学研究資料館
平凡社
2008.3
昆太利物語 ビーコンスフィールド 著 ; 福地源一郎, 塚原靖 訳 人間文化研究機構国文学研究資料館
平凡社
2008.3
昆太利物語 ビーコンスフィールド 著 ; 福地源一郎, 塚原靖 訳 人間文化研究機構国文学研究資料館
平凡社
2008.3
水戸光圀卿 塚原澁柿 著 本の友社
1998.6
真田幸村 塚原澁柿 著 本の友社
1998.6
水野越前守 塚原澁柿 著 本の友社
1998.6
この人物の作品が掲載されている本を検索

作品の一覧

この人物を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この人物と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想