塚原 仲晃   (1933-1985)

塚原 仲晃(つかはら なかあきら、1933年11月11日 - 1985年8月12日)は、日本の医学者・大脳生理学者・脳神経学者。 大阪大学基礎工学部教授。 医学博士。 [人物] 京都府京都市生まれ。 東京大学医学部卒業。 1963年に東京大学より医学博士を授かる。 博士論文の題は「A contribution of internuncial activity to motoneuronal discharges(前柱細胞発射にたいする介在細胞活動の関与について)」。 36歳の若さで大阪大学教授に就任。 シナプス、記憶に関する研究においては世界をリードしていたとの評価もある。 当時の日本を代表...

「Wikipedia」より

この人物の情報

人物名ヨミ ツカハラ ナカアキラ
人物別名 塚原仲晃
生年 1933年
没年 1985年
職業・経歴等 教員

本の一覧

タイトル 著作者等 出版元 刊行年月
脳の可塑性と記憶 塚原仲晃 著 岩波書店
2010.5
新生理科学大系 星猛, 伊藤正男 編 医学書院
1989.3
脳の可塑性と記憶 塚原仲晃 著 紀伊国屋書店
1987.10
脳科学の展開 伊藤正男, 塚原仲晃 編 平凡社
1985.3
脳研究最前線 岩間吉也, 塚原仲晃 編 大阪書籍
1985.12
脳研究の動向と我が国における研究の推進 [研究代表者 塚原仲晃] 大阪大学
1985.3
脳の情報処理 塚原仲晃 編 朝倉書店
1984.2
数理神経生物学 J.S.グリフィス 著 ; 塚原仲晃, 佐藤俊輔 訳 産業図書
1973
塚原仲晃博士論文選集 編集者, 村上富士夫, 小田洋一 M. Tsukahara
c1994
この人物の作品が掲載されている本を検索

作品の一覧

この人物を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この人物と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想