次田 潤   (1884-1966)

次田 潤(つぎた うるう、1884年(明治17年)4月26日 - 1966年(昭和41年)4月9日)は、国文学者。 岡山県出身。 田村剛の兄。 1909年東京帝国大学文学部国文科卒。 鹿児島県立第二鹿児島中学校(現・鹿児島県立甲南高等学校)教諭、13年朝鮮・釜山中学校、16年神宮皇學館教授、17年第七高等学校造士館教授、20年佐賀高等学校(現・佐賀大学)教授、24年学習院教授、1932年第一高等学校教授。 45年退官、49年立正大学教授。 64年退職。 上代文学専門。 長男は次田真幸、次男は次田香澄。 [著書] 『万葉集新講』成美堂書店、1921、のち明治書院 『古事記新講』明治書院、192...

「Wikipedia」より

この人物の情報

人物名ヨミ ツギタ ウルウ
人物別名 次田潤
生年 1884年
没年 1966年
職業・経歴等 文学研究者

本の一覧

タイトル 著作者等 出版元 刊行年月
祝詞新講 次田潤 著 戎光祥
2008.5
祝詞新講 次田潤著 第一書房
1986.10
大鏡新講 次田潤 著 明治書院
1961
かげろふの日記新釈 次田潤, 大西善明 共著 明治書院
1960
評釈一葉名作集 次田潤 著 明治書院
1957
万葉集の解釈と文法 次田潤, 島田勇雄 共著 明治書院
1957 6版
古事記新講 次田潤 著 明治書院
1956
詳註草枕 次田潤 著 明治書院
1955
国文学史新講 次田潤 著 明治書院
1953
この人物の作品が掲載されている本を検索

作品の一覧

この人物を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この人物と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想