蓮田 善明   (1904-1945)

蓮田 善明(はすだ ぜんめい、1904年(明治37年)7月28日 - 1945年(昭和20年)8月19日)は、日本の文芸評論家、国文学者。 青年期の三島由紀夫の思想形成に多大の影響を与えた。 子に、赤ちゃんポストである「こうのとりのゆりかご」を実践している慈恵病院名誉院長の 蓮田晶一と理事長・院長の蓮田太二 がいる。 著書に『鴎外の方法』、『預言と回想』、『古事記学抄』、『本居宣長』、『花のひもとき』、『鴨長明』、『神韻の文学』、他に小説的作品の『有心』などがある。 [略歴] 1904年(明治37年)7月28日、熊本県熊本市北区(旧・植木町)、浄土真宗金蓮寺住職、蓮田慈善の三男に生まれる。 ...

「Wikipedia」より

この人物の情報

人物名ヨミ ハスダ ゼンメイ
人物別名 蓮田善明
生年 1904年
没年 1945年
職業・経歴等 文学研究者

本の一覧

タイトル 著作者等 出版元 刊行年月
現代語訳古事記 蓮田善明 訳 岩波書店
2013.9
古事記研究叢書 三浦佑之 編・解説 クレス
2011.11
蓮田善明/伊東静雄 蓮田善明, 伊東静雄 著 新学社
2005.3
忠誠心とみやび 蓮田善明 著 大空社
1997.6
蓮田善明全集 小高根二郎 責任編集 島津書房
1989.4
有心 : 今ものがたり 蓮田善明 著 島津書房
1985.8
古事記 : 現代語訳 蓮田善明 訳 古川書房
1979.9
陣中日記・をらびうた 蓮田善明 著 古川書房
1976
林房雄・保田與重郎・龜井勝一郎・蓮田善明集 林房雄 [ほか] 著 筑摩書房
1970.12
この人物の作品が掲載されている本を検索

作品の一覧

この人物を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この人物と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想