戸坂 潤   (1900-1945)

東京出身。京都大学在学中から新カント学派の観念論哲学を研究していたが、後にマルクス主義哲学に転じ、唯物論研究会を創立した。治安維持法により1938(昭和13)年検挙され、敗戦直前の八月九日長野刑務所で獄死した。著書に「日本イデオロギー論」などがある。(小林繁雄)Wikipedia「戸坂潤

「青空文庫」より

戸坂 潤(とさか じゅん、1900年9月27日 - 1945年8月9日)は、日本の哲学者。 [来歴・人物] 東京市生まれ。 青南小学校、東京開成中学校、第一高等学校(現東京大学教養学部)理科を経て、1924年京都帝国大学文学部哲学科卒業、同大学院進学。 京都高等工芸学校(現京都工芸繊維大学)講師、同志社女子専門学校(現同志社女子大学)講師、神戸商科大学講師、大日本帝国陸軍少尉等を経て、1929年大谷大学教授就任も、翌年検挙。 1931年から1934年まで法政大学講師。 後に同大教授となる。 もともとは物理学専攻であったが、後に西田幾多郎の下で哲学を学ぶ。 西田に師事する一方で、軍部のイデオロ...

「Wikipedia」より

この人物の情報

人物名ヨミ トサカ ジュン
人物別名 戸坂潤
生年 1900年
没年 1945年
職業・経歴等 哲学者

本の一覧

タイトル 著作者等 出版元 刊行年月
戸坂潤セレクション 戸坂潤 著 ; 林淑美 編 平凡社
2018.1
戸坂潤全集未収録論文集 戸坂潤 著 ; 北林雅洋 編 こぶし書房
2016.5
イデオロギーとロジック : 戸坂潤イデオロギー論集成 戸坂潤 著 書肆心水
2007.11
日本的哲学という魔 : 戸坂潤京都学派批判論集 戸坂潤 著 書肆心水
2007.11
世界の一環としての日本 戸坂潤 著 平凡社
2006.7
世界の一環としての日本 戸坂潤 著 平凡社
2006.8
京都哲学撰書 上田閑照 監修 ; 大峯顯, 長谷正當, 大橋良介 編 燈影舎
2001.1
思想と風俗 戸坂潤 著 平凡社
2001.11
戸坂潤の哲学 戸坂潤 著 ; 吉田傑俊 編・解説 こぶし書房
2001.12
この人物の作品が掲載されている本を検索

作品の一覧

この人物を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この人物と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想