朝永 三十郎   (1871-1951)

Wikipedia「朝永三十郎

「青空文庫」より

朝永 三十郎(ともなが さんじゅうろう、明治4年2月5日(1871年3月25日) - 昭和26年(1951年9月18日)は、日本の哲学者。 京都大学名誉教授(西洋哲学)。 京都学派を代表する人物の一人。 子に、物理学者の朝永振一郎。 [人物] 大村藩士・朝永甚次郎の子として長崎県東彼杵郡川棚町で生まれる。 長崎県大村中学(第一回入学者・現長崎県立大村高等学校)、第一高等学校を経て、東京帝国大学で学ぶ。 同大卒業後、1907年京都帝国大学文科大学哲学科助教授、1913年教授となり、西洋哲学・哲学史等を講じる。 当時は、西田幾多郎や田辺元らが京都帝国大学文科大学(のち文学部)に在籍し、哲学の「京...

「Wikipedia」より

この人物の情報

人物名ヨミ トモナガ サンジュウロウ
人物別名 朝永三十郎
生年 1871年
没年 1951年
職業・経歴等 教員

本の一覧

タイトル 著作者等 出版元 刊行年月
日本平和論大系 家永三郎 責任編集 日本図書センター
1993.11
近世における「我」の自覚史 : 新理想主義とその背景 朝永三十郎 著 角川書店
1968
近世における「我」の自覚史 : 新理想主義とその背景 決定版 朝永三十郎 著 角川書店
1952
デカルト省察録 朝永三十郎 著 岩波書店
1950
近世に於ける「我」の自覚史 朝永三十郎 著 小山書店
1950
カントの平和論 朝永三十郎 著 人文書林
1950
カントの平和論 朝永三十郎 著 人文書林
1950
西洋近世哲学史 朝永三十郎 著 岩波書店
1949
ルネッサンス及び先カントの哲學 朝永三十郎著 岩波書店
1949.8
この人物の作品が掲載されている本を検索

作品の一覧

この人物を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この人物と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想