富田 愛次郎   (1885-1954)

富田 愛次郎(とみた あいじろう、1885年(明治18年)12月 - 1954年(昭和29年)11月3日)は、日本の内務官僚、政治家。 県知事、衆議院議員。 [経歴] 愛知県出身。 富田治郎右衛門の三男として生まれる。 第四高等学校を経て、1913年、京都帝国大学法科大学法律学科(独法)を卒業。 1912年11月、文官高等試験行政科試験に合格。 大学卒業後、内務省に入り京都府属となる。 以後、京都府警視、埼玉県理事官、同視学官、内務省警保局事務官兼内務書記官、社会局第一課長、同書記官、同労働部長、同社会部長、中央職業紹介事務局長などを歴任。 1935年1月、三重県知事に就任。 1937年1月...

「Wikipedia」より

この人物の情報

人物名ヨミ トミタ アイジロウ
人物別名 富田愛次郎
生年 1885年
没年 1954年
職業・経歴等 内務官僚

本の一覧

タイトル 著作者等 出版元 刊行年月
戦前期社会事業基本文献集 富田愛次郎著 日本図書センター
1997.2
隠語辞典集成 富田愛次郎監修 ; 高芝羆著 大空社
1996.12
日本社会事業の発達 富田愛次郎 著 巌松堂書店
昭和17
救護事業指針 : 救貧の理論と実際 小沢一 著 巌松堂書店
昭和9
児童を護る 兒童擁護協會著 児童擁護協会
昭和8
財団法人啓明会講演集 富田愛次郎講演 ; 斯波忠三郎著 啓明会
昭和5
児童保護 中央社会事業協会 編 中央社会事業協会
昭和2
財団法人啓明会講演集 富田愛次郎[講演] 啓明会事務所
大正14
隠語辞典 高芝羆著作 京都府警察部
1921
この人物の作品が掲載されている本を検索

作品の一覧

この人物を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この人物と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想