遠丸 立   (1926-)

遠丸 立(とおまる りゅう、1926年9月6日 - 2009年12月30日)は福岡県出身の詩人、文芸評論家。 本名は進 隆(すすむ たかし)。 妻は詩人の貞松瑩子。 東京大学経済学部卒。 1961年から1993年まで、『方向感覚』同人、『未知と無知のあいだ』編集人を務めた。 2009年、心筋梗塞のため死去。 [著書] 吉本隆明論 仮面社 1969 死者もまた夢をみる 私のなかのドストエフスキイ・私のなかの同時代作家たち 思潮社 1970 恐怖考 仮面社 1971 呪詛はどこからくるか 三一書房 1972 遠丸立詩集 方向感覚出版センター 1974 世界がうつくしく見えない 詩集 国文社 19...

「Wikipedia」より

この人物の情報

人物名ヨミ トオマル タツ
人物別名 遠丸立

進, 隆
生年 1926年
没年 -
職業・経歴等 評論家

本の一覧

タイトル 著作者等 出版元 刊行年月
野川物語 遠丸立 著 現代書館
2005.6
もうひとりの私に : 詩集 全国SLA集団読書テキスト委員会編 ; 小林和子さし絵 全国学校図書館協議会
2004.1
作家の自伝 佐伯彰一, 松本健一 監修 日本図書センター
2000.11
作家の自伝 佐伯彰一, 松本健一 監修 日本図書センター
1999.4
宮城賢詩集 宮城賢 著 ; 遠丸立 編 方向感覚
武蔵野書房
1999.3
宮城賢詩集 宮城賢 著 ; 遠丸立 編 方向感覚
武蔵野書房
1999.3
進一男詩集 進一男 著 ; 遠丸立 編 方向感覚
武蔵野書房
1999.4
水こし町子詩集 水こし町子 著 ; 遠丸立 編 方向感覚
武蔵野書房
1998.1
作家の自伝 佐伯彰一, 松本健一 監修 日本図書センター
1997.4
この人物の作品が掲載されている本を検索

作品の一覧

この人物を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この人物と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想