得能 文   (1866-1945)

得能 文(とくのう ぶん、1866年10月5日(慶応2年8月27日) - 1945年(昭和20年)2月8日)は、日本の哲学者。 越中国(現富山県)生まれ。 1892年東京大学文科大学哲学科選科修了。 第四高等学校、東洋大学、日本大学、東京帝国大学講師、東京高等師範学校教授。 1927年定年。 [著書] 『上杉謙信』裳華書房 偉人史叢 1898 『最究竟者』大村書店 1927 『現今の哲学問題』第一書房 1928 『浅人零語』第一書房 1928 『哲学講話』第一書房 1930 『高等教育哲学概説』高階順治共著 東洋図書 1932 『哲学概論』第一書房 1933 『感想と回顧沈黙の疑問』第一書房...

「Wikipedia」より

この人物の情報

人物名ヨミ トクノウ ブン
人物別名 得能文
生年 1866年
没年 1945年
職業・経歴等 哲学者

本の一覧

タイトル 著作者等 出版元 刊行年月
哲學槪説 得能文, 高階順治 共著 万葉出版社
1951.4
哲学慨説 得能文, 高階順治 共著 万葉出版社
1949
哲学講話 得能文 著 富士書店
1949
生活と哲学 : 現今の哲学問題 得能文 著 第二書房
1949
哲学概論 得能文 著 万葉出版社
1948
哲学講話 得能文 著 富士書店
1947
哲学講話 得能文 著 富士書店
昭和22
哲学概論 得能文 著 万葉出版社
昭和22
哲学概説 : 高等教育 得能文, 高階順治 共著 東洋図書
1943 110版
この人物の作品が掲載されている本を検索

作品の一覧

この人物を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この人物と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想