所 雄章   (1927-)

所 雄章(ところ たけふみ、1927年 - 2012年)は、日本の哲学研究者、中央大学名誉教授。 デカルト研究が専門。 1950年東京大学文学部哲学科(旧制)卒業。 1955年東京大学大学院(旧制)満期退学。 中央大学文学部助教授、教授、1973年「デカルト」で東京大学文学博士。 1998年定年退任、名誉教授。 [著書・訳書] デカルト 第1 勁草書房、1967.思想学説全書 デカルト 2 (デカルト その理論哲学) 勁草書房、1971.思想学説全書 人類の知的遺産 32.デカルト 講談社、1981.3. 論理学 中央大学出版部、1988.3. デカルト『省察』訳解 岩波書店、2004.2....

「Wikipedia」より

この人物の情報

人物名ヨミ トコロ タケフミ
人物別名 所雄章
生年 1927年
没年 -
職業・経歴等 哲学者

本の一覧

タイトル 著作者等 出版元 刊行年月
定義集 アラン [著] ; 森有正訳 ; 所雄章編 みすず書房
2019.7
知られざるデカルト : デカルト研究拾遺 所雄章 著 知泉書館
2008.1
デカルト『省察』訳解 所雄章 著 岩波書店
2004.2
デカルト 所雄章 著 勁草書房
1996.10
デカルト 所雄章 著 勁草書房
1996.10
方法叙説・省察 デカルト 著 ; 三宅徳嘉 ほか訳 白水社
1991.2
定義集 アラン 著 ; 森有正 訳 ; 所雄章 編 みすず書房
1988.5
論理学 所雄章 著 中央大学出版部
1988.3
人類の知的遺産 所雄章著 講談社
1981.3
この人物の作品が掲載されている本を検索

作品の一覧

この人物を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この人物と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想