土岐 善麿   (1885-1980)

土岐 善麿(とき ぜんまろ、1885年(明治18年)6月8日 - 1980年(昭和55年)4月15日)は、日本の歌人・国語学者。 [略歴・人物] 東京府東京市浅草区浅草松清町(現在の東京都台東区西浅草一丁目)の真宗大谷派の寺院に生まれる。 東京府立第一中学校(現在の東京都立日比谷高等学校)を経て、早稲田大学英文科に進み、島村抱月に師事。 窪田空穂の第一歌集『まひる野』に感銘をうけ、同級の若山牧水とともに作歌に励んだ。 卒業の後、読売新聞記者となった1910年(明治43年)に第一歌集『NAKIWARAI』を「哀果」の号で出版、この歌集はローマ字綴りの一首三行書きという異色のものであり、当時東京...

「Wikipedia」より

この人物の情報

人物名ヨミ トキ ゼンマロ
人物別名 土岐善麿

Toki, Zemmaro
生年 1885年
没年 1980年
職業・経歴等 教員
をも見よ 土岐, 哀果(1885-1980)

本の一覧

タイトル 著作者等 出版元 刊行年月
新編大杉栄追想 大杉豊 解説 土曜社
2013.9
明治歌人集 山崎敏夫編 筑摩書房
2013.1.25
復元啄木新歌集 石川啄木 著 ; 近藤典彦 編
2012.1
通小町 : 喜多流 ; 鶴 : 能 土岐善麿, 喜多実作 NHKエンタープライズ
2007.8
鐵道唱歌 - King Record
2007.10
一握の砂 黄昏に 収穫 石川啄木 原著 ; 木股知史 著土岐善麿 原著 ; 藤澤全 著 ; 前田夕暮 原著 ; 山田吉郎 著 明治書院
2004.4
日本の詩歌 釈迢空 [ほか著] 中央公論新社
2003.6
釈迢空・会津八一・窪田空穂・土岐善麿 - 中央公論新社
2001.7
明治大正史 牧野輝智 編著 ; 朝日新聞社 編 クレス
2000.4
この人物の作品が掲載されている本を検索

作品の一覧

この人物を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この人物と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想