戸川 行男   (1903-1992)

戸川 行男(とがわ ゆきお、1903年2月1日 - 1992年1月3日)は、日本の臨床心理学者、早稲田大学名誉教授。 [略歴] 東京出身。 早稲田大学卒。 1945年早稲田大学教授、58年「適応理論及び欲求理論の研究」で早稲田大学文学博士。 73年定年、名誉教授、明星大学教授。 臨床心理学を日本に導入。 文化についても発言した。 [著書] 『心理学教材』早稲田大学出版部 1935 『特異児童』目黒書店 1940 『民族の意志』目黒書店 1942 『性格の構造』玄光社 1944 『分離性性格 性格心理学』生活社 1946 日本叢書 『あく妻ろん』印刷庁 1949 女性新書 / 社会...

「Wikipedia」より

この人物の情報

人物名ヨミ トガワ ユキオ
人物別名 戸川行男
生年 1903年
没年 1992年
職業・経歴等 教員

本の一覧

タイトル 著作者等 出版元 刊行年月
現代日本児童問題文献選集 児童問題史研究会 監修 日本図書センター
2002.7
性格心理学新講座 本明 寛【編】 金子書房
1989.5
「私」心理学への道 戸川行男 著 川島書店
1988.2
特異児童 戸川行男著 日本図書センター
1988.1
意識心理学 : 人間とは何か 戸川行男 著 金子書房
1987.3
絵画統覚検査解説 : TAT日本版 戸川行男 著 金子書房
1986.6
パッケージ・性格の心理 鈴木乙史 ほか編 ブレーン
1985.12
意識心理学への道 戸川行男 著 金子書房
1982.5
愛と死 : その認識の限界 戸川行男 著 思索社
1982.12
この人物の作品が掲載されている本を検索

作品の一覧

この人物を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この人物と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想