戸田 貞三   (1887-1955)

戸田 貞三(とだ ていぞう、1887年3月6日 - 1955年7月31日)は、社会学者、東京帝国大学名誉教授。 家族社会学専門。 著作集全14巻がある。 家族を社会制度としてとらえるのではなく少数集団単位でとらえた家族社会学者である。 1920年の国勢調査をきっかけにすでに日本の家族形態80%以上が核家族であることを突き止め、家族形態は夫婦と未婚の子どもによって構成されるが、2世帯住型の直系家族傾向も持っているとした。 また「世帯」の概念を本格的に導入した社会学者としても有名である。 [略歴] 1912年 東京帝国大学文科大学哲学科社会学専攻卒業 1920年 東京帝国大学文学部講師 1920...

「Wikipedia」より

この人物の情報

人物名ヨミ トダ テイゾウ
人物別名 戸田貞三
生年 1887年
没年 1955年
職業・経歴等 教員

本の一覧

タイトル 著作者等 出版元 刊行年月
家族構成 戸田貞三 著 新泉社
2001.7
家族と婚姻 戸田貞三 著 クレス
1999.11
家と家族制度 戸田貞三 著 クレス
1999.11
家族と婚姻 戸田貞三著 クレス
1999.11
家と家族制度 戸田貞三著 クレス
1999.11
戸田貞三著作集 戸田貞三 [著] 大空社
1993.4
戸田貞三著作集 戸田貞三 [著] 大空社
1993.4
戸田貞三著作集 戸田貞三 [著] 大空社
1993.4
戸田貞三著作集 戸田貞三 [著] 大空社
1993.4
この人物の作品が掲載されている本を検索

作品の一覧

この人物を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この人物と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想