寺本 婉雅   (1872-1940)

寺本 婉雅(てらもと えんが、1872年(明治5年) - 1940年(昭和15年))は、日本の仏教学者。 愛知県海東郡出身で、日本人として3番目にチベットに入った東本願寺の僧である。 [略歴] 1899年 - 能海寛とともにバタンに入るがここから先に進めずに引き返す。 1904年 - ラサに到達。 1908年 - ロックヒル、大谷尊由と共に五台山にてダライ・ラマ13世と会見。 1915年 - 真宗大谷大学教授に就任。 [著書] 『蔵蒙旅日記』 芙蓉書房 1974年 西蔵文秘密集根本担特羅 刊年不明 [関連項目] 河口慧海 矢島保治郎 能海寛 川島浪速 成田安輝 福島安正 [参考文献] ...

「Wikipedia」より

この人物の情報

人物名ヨミ テラモト エンガ
人物別名 寺本婉雅
生年 1872年
没年 1940年
職業・経歴等 学者

本の一覧

タイトル 著作者等 出版元 刊行年月
于闐国史 寺本婉雅著 うしお書店
2005.1
西蔵語文法 寺本婉雅 著 うしお書店
2005.9
佛所行讃 : 西藏傳譯 寺本婉雅著 うしお書店
2004.2
印度佛教史 [ターラナータ原著] うしお書店
2004.9
西藏傳譯佛所行讃 寺本婉雅 著 うしお書店
2004.2
印度佛教史 ターラナータ 著 ; 寺本婉雅 訳 うしお書店
2004.9
十万白龍 寺本婉雅著 うしお書店
2003.1
十万白龍 寺本婉雅 著 うしお書店
2003.1
根本仏教永遠の生命 寺本婉雅 著 ; 石尾すが 編 城端黙働会富山支部
1989
この人物の作品が掲載されている本を検索

作品の一覧

この人物を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この人物と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想