寺田 寅彦   (1878-1935)

地球物理学者。漱石の門下生でもあり、吉村冬彦の筆名で作品を書いた。数多くの随筆があり、いまでも多数の読者に愛読されている。Wikipedia「寺田寅彦

「青空文庫」より

寺田 寅彦(てらだ とらひこ、1878年(明治11年)11月28日 - 1935年(昭和10年)12月31日)は、戦前の日本の物理学者、随筆家、俳人であり吉村冬彦(大正11年から使用)、寅日子、牛頓("ニュートン”)、藪柑子("やぶこうじ”)の筆名もある。 高知県出身(出生地は東京市)。 [略歴] 1878年(明治11年)11月28日 - 東京市麹町区(現在の千代田区)に高知県士族(旧足軽)寺田利正・亀夫妻の長男として誕生。 寅年寅の日であったことから、寅彦と命名される。 1881年(明治14年) - 祖母、母、姉と共に郷里の高知市に転居。 1893年(明治26年) - 高知県尋常中学校(現...

「Wikipedia」より

この人物の情報

人物名ヨミ テラダ トラヒコ
人物別名 寺田寅彦

寺田, 寅彥

藪柑子

寅日子
生年 1878年
没年 1935年
職業・経歴等 教員
をも見よ 吉村, 冬彦(1878-1935)

本の一覧

タイトル 著作者等 出版元 刊行年月
茶わんの湯 : 科学絵本 寺田寅彦文 ; 高木隆司, 川島禎子解説 ; 高橋昌子絵 窮理舎
2019.5
寺田寅彦セレクション 寺田寅彦 [著] ; 千葉俊二, 細川光洋 選 講談社
2016.2
寺田寅彦セレクション 寺田寅彦 [著] ; 千葉俊二, 細川光洋 選 講談社
2016.5
だから猫は猫そのものではない 吉田和明, 新田準 編 凱風社
2015.5
寺田寅彦 寺田寅彦 著 平凡社
2015.12
災害と人間 寺田寅彦 著 仮説社
2015.12
キリンの斑論争と寺田寅彦 松下貢 編 岩波書店
2014.1
みんな、くよくよ悩んでいたって…!? = Seems Like Everyone Had Something to Worry About… 太宰治, 菊池寛, 林芙美子, 室生犀星, 坂口安吾, 島崎藤村, 芥川龍之介, 柳田国男, 寺田寅彦, 和辻哲郎 作 くもん
2013.11
だから、科学っておもしろい!! = Science is Golden! 杉田玄白, 牧野富太郎, 森鷗外, 斎藤茂吉, 寺田寅彦, 中谷宇吉郎, 小酒井不木, 石原純, 南方熊楠 作 くもん
2013.11
この人物の作品が掲載されている本を検索

作品の一覧

この人物を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この人物と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想