立花 隆   (1940-)

立花 隆(たちばな たかし、本名:橘 隆志 1940年5月28日 - )は、日本のジャーナリスト・ノンフィクション作家・評論家。 [来歴] 1940年 長崎県長崎市に生まれる。 父は長崎の女学校教師で後に編集者を務め、母は羽仁もと子の信奉者で、クリスチャンの家庭。 戦前の右翼思想家・橘孝三郎は、父のいとこに当たる。 1942年(昭和17年) 父が文部省職員として北京の師範学校副校長となったため、一家で中華民国へ渡る。 1946年、引揚げで日本へ戻り、一時母方の茨城郡那珂西に住み、のちに父の郷里茨城県水戸市に移る。 茨城師範学校(茨城大学)付属小学校、中学校を経て、1956年(昭和31年)に水...

「Wikipedia」より

この人物の情報

人物名ヨミ タチバナ タカシ
人物別名 立花隆
生年 1940年
没年 -
職業・経歴等 教員

本の一覧

タイトル 著作者等 出版元 刊行年月
自分史の書き方 立花隆 [著] 講談社
2020.1
知の旅は終わらない : 僕が3万冊を読み100冊を書いて考えてきたこと 立花隆著 文芸春秋
2020.1
エーゲ 永遠回帰の海 立花隆著 ; 須田慎太郎写真 筑摩書房
2020.1
知的ヒントの見つけ方 立花隆 著 文芸春秋
2018.2
武満徹・音楽創造への旅 立花隆 著 文芸春秋
2016.2
読書脳 立花隆 著 文芸春秋
2016.7
「戦争」を語る 立花隆 著 文芸春秋
2016.7
揺らぐ世界 立花隆, 岡真理, 橋爪大三郎, 森達也, 藤原帰一, 川田順造, 伊豫谷登士翁 著 筑摩書房
2015.4
読む力・聴く力 河合隼雄, 立花隆, 谷川俊太郎 著 岩波書店
2015.10
この人物の作品が掲載されている本を検索

作品の一覧

この人物を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この人物と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想