立川 談志   (1936-2011)

立川 談志(たてかわ だんし)は、落語家の名跡。 7代目(自称5代目)の死後は空き名跡となっている。 これは明治時代の寄席で人気を博していた釜堀りの談志(4代目)が初代を称し、俥屋の談志がそれに倣って4代目と称していたようなので、小ゑんは5代目というのは語呂が良く、さらに師匠5代目柳家小さんと代数が合うので丁度いいということで、5代目を名乗ることになった。 釜堀りの談志を初代と見なした場合、3代目になるはずの談志がなぜ4代目を称していたかというのは、本名恒川駒吉の談志と俥屋の談志の間にはもう一人談志がいたらしいため、その談志を代数に含めていたためではないかと思われる。 また、花咲爺の談志(3代...

「Wikipedia」より

この人物の情報

人物名ヨミ タテカワ ダンシ
人物別名 立川談志

松岡, 克由
生年 1936年
没年 2011年
職業・経歴等 パーソナリティ・DJ

本の一覧

タイトル 著作者等 出版元 刊行年月
談志受け咄 : 家元を笑わせた男たち 立川談志著 中央公論新社
2022.4
酔人・田辺茂一伝 立川談志著 中央公論新社
2021.10
作家と家元 立川談志著 中央公論新社
2021.11
立川談志まくらコレクション : これが最期の"まくら"と"ごたく" 立川談志著 竹書房
2021.11
談志の日記1953 17歳の青春 立川談志著 dZERO
2021.11
風雲児、落語と現代を斬る! 立川談志著 竹書房
2020.11
落語とは、俺である。 立川談志 著 竹書房
2017.10
談志の遺言 立川談志 著 ; 吉川潮 監修 宝島社
2016.11
立川談志まくらコレクション 立川談志 著 ; 和田尚久 構成 竹書房
2015.1
この人物の作品が掲載されている本を検索

作品の一覧

この人物を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この人物と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想