谷崎 潤一郎   (1886-1965)

Wikipedia「谷崎潤一郎

「青空文庫」より

谷崎 潤一郎(たにざき じゅんいちろう、1886年(明治19年)7月24日 - 1965年(昭和40年)7月30日)は、日本の小説家。 明治末期から第二次世界大戦後の昭和中期まで、戦中・戦後の一時期を除き終生旺盛な執筆活動を続け、国内外でその作品の芸術性が高い評価を得た。 現在においても近代日本文学を代表する小説家の一人として、評価は非常に高い。 初期は耽美主義の一派とされ、過剰なほどの女性愛やマゾヒズムなどのスキャンダラスな文脈で語られることも少なくないが、その作風や題材、文体・表現は生涯にわたって様々に変遷を続けた。 漢語や雅語から俗語や方言までを使いこなす端麗な文章と、作品ごとにがらりと...

「Wikipedia」より

この人物の情報

人物名ヨミ タニザキ ジュンイチロウ
人物別名 谷崎潤一郎

Tanizaki, Jun'ichiro

Jun'ichiro Tanizaki

Танизаки, Ђуничиро
生年 1886年
没年 1965年
職業・経歴等 小説家

本の一覧

タイトル 著作者等 出版元 刊行年月
酒呑みに与ふる書 キノブックス編集部編 キノブックス
2019.1
陰翳礼讃 谷崎潤一郎 文 ; 大川裕弘 写真 パイインターナショナル
2018.1
谷崎潤一郎全集 谷崎潤一郎 著 中央公論新社
2017.1
陰翳礼讃・刺青ほか 谷崎潤一郎 著 筑摩書房
2017.1
谷崎潤一郎全集 谷崎潤一郎 著 中央公論新社
2017.2
谷崎潤一郎全集 谷崎潤一郎 著 中央公論新社
2017.3
変態 平山瑞穂 編 皓星社
2017.3
谷崎と鏡花 [谷崎潤一郎], [泉鏡花] [著] ; 須田千里, 三品理絵, 外村彰, 大木志門, 荒井真理亜 編 おうふう
2017.3
谷崎潤一郎全集 谷崎潤一郎 著 中央公論新社
2017.4
この人物の作品が掲載されている本を検索

作品の一覧

この人物を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この人物と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想