谷川 安孝   (1916-1987)

谷川 安孝(たにかわ やすたか、1916年(大正5年)3月12日 - 1987年(昭和62年)12月13日)は、兵庫県出身の理論物理学者である。 1939年に物理学者の坂田昌一と共に中性中間子が非常な短時間で2つあるいは3つのγ線になることを発表した。 1949年に日本人で初めてノーベル賞(ノーベル物理学賞)を受賞した湯川秀樹に師事し、1942年に坂田昌一、井上健と共に中間子とミュー粒子は別種であり、中間子はミュー粒子より重く、中間子が自然崩壊してミュー粒子に変化するという二中間子説を提唱した学者として知られている。 [経歴] 1916年3月12日、兵庫県に生まれ、大阪帝国大学(現:大阪大学...

「Wikipedia」より

この人物の情報

人物名ヨミ タニカワ ヤスタカ
人物別名 谷川安孝
生年 1916年
没年 1987年
職業・経歴等 教員

本の一覧

タイトル 著作者等 出版元 刊行年月
湯川秀樹著作集 湯川 秀樹【著】;谷川 安孝;河辺 六男【編】 岩波書店
1990.2
電気力学と相対論 谷川安孝 著 共立
1985.9
現代物理の世界 A.シャウロー, J.ゴードン [ほか] 著 ; 谷川安孝, 中村誠太郎編監訳 講談社
1973
現代物理の世界 マリア・G.マイヤー [ほか] 著 ; 谷川安孝, 中村誠太郎編監訳 講談社
1973
現代物理の世界 M.ゲルマン [ほか] 著 ; 谷川安孝, 中村誠太郎編監訳 講談社
1973
現代物理の世界 A.ニール, R.ウイルソン [ほか] 著 ; 谷川安孝, 中村誠太郎編監訳 講談社
1973
現代物理の世界 M.シュミット, G.バービッジ [ほか] 著 ; 谷川安孝, 中村誠太郎編監訳 講談社
1973
現代物理の世界 ユージン・M.リフシッツ [ほか] 著 ; 谷川安孝, 中村誠太郎編監訳 講談社
1972
現代物理の世界 ディラック [ほか] 著 ; 谷川安孝, 中村誠太郎編監訳 講談社
1972
この人物の作品が掲載されている本を検索

作品の一覧

この人物を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この人物と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想