種村 季弘   (1933-2004)

種村 季弘(たねむら すえひろ、1933年(昭和8年)3月21日 - 2004年(平成16年)8月29日)は、日本の独文学者、評論家である。 古今東西の異端的・暗黒的な文化や芸術に関する広汎な知識で知られ、クライストやホフマン、マゾッホなど独文学の翻訳の他、内外の幻想小説や美術、映画、演劇、舞踏に関する多彩な評論を展開し、錬金術や魔術、神秘学研究でも知られる。 これに関連して、吸血鬼や怪物、人形、自動機械、詐欺師や奇人など、歴史上のいかがわしくも魅力的な事象を多数紹介。 他方幸田露伴、岡本綺堂、泉鏡花、谷崎潤一郎をはじめとする日本文学にも深く精通し、晩年は江戸文化や食文化、温泉文化などの薀蓄を...

「Wikipedia」より

この人物の情報

人物名ヨミ タネムラ スエヒロ
人物別名 種村季弘
生年 1933年
没年 2004年
職業・経歴等 文学研究者

本の一覧

タイトル 著作者等 出版元 刊行年月
ドイツ怪談集 種村季弘編 河出書房新社
2020.3
水の迷宮 種村季弘著 国書刊行会
2020.12
奇妙な場所 種村季弘編 河出書房新社
2019.3
取り憑く霊 種村季弘編 河出書房新社
2019.3
新編・日本幻想文学集成 宮沢賢治, 小川未明, 牧野信一, 坂口安吾 著 ; 別役実, 池内紀, 種村季弘, 富士川義之 編 国書刊行会
2017.6
新編・日本幻想文学集成 夏目漱石, 内田百閒, 豊島与志雄, 島尾敏雄 著 ; 富士川義之, 別役実, 堀切直人, 種村季弘 編 国書刊行会
2017.12
土方巽全集 土方巽 著 ; 種村季弘, 鶴岡善久, 元藤燁子 編 河出書房新社
2016.1
土方巽全集 土方巽 著 ; 種村季弘, 鶴岡善久, 元藤燁子 編 河出書房新社
2016.1
あやかしの深川 東雅夫 編 猿江商會
2016.7
この人物の作品が掲載されている本を検索

作品の一覧

この人物を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この人物と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想