種田 山頭火   (1882-1940)

禅僧として各地を行乞の旅。旅のさなかに数多くの句を残した俳人。俳句は荻原井泉水に師事し、同門の尾崎放哉とともに「自由律」の句風で知られる。Wikipedia「種田山頭火

「青空文庫」より

種田 山頭火(たねだ さんとうか、1882年(明治15年)12月3日 - 1940年(昭和15年)10月11日)は、戦前日本の俳人。 よく山頭火と呼ばれる。 自由律俳句のもっとも著名な俳人の一人。 1925年に熊本市の曹洞宗報恩寺で出家得度して耕畝(こうほ)と改名。 本名・種田正一。 [経歴] 1882年(明治15年)12月3日、山口県佐波郡西佐波令村第百三十六番屋敷(現・防府市八王子二丁目十三)にて大地主・種田家の長男として生まれる。 1889年(明治22年)4月、佐波郡佐波村立松崎尋常高等小学校尋常科に入学。 1892年(明治25年、正一10歳)3月、母フサが自宅の井戸に投身自殺。 享年...

「Wikipedia」より

この人物の情報

人物名ヨミ タネダ サントウカ
人物別名 種田山頭火
生年 1882年
没年 1940年
職業・経歴等
をも見よ 種田, 正一(1882-1940)

本の一覧

タイトル 著作者等 出版元 刊行年月
草萌ゆる : 山頭火一草庵時代の句 種田山頭火著 ; まつやま山頭火倶楽部編 創風社
2019.10
生きる力。 : 山頭火のコトバから 種田山頭火著作 ; 山頭火ふるさと館編集 春陽堂書店
2018.11
グッとくる山頭火 : コトバと俳句 春陽堂編集部 編 ; 種田山頭火 著 春陽堂書店
2013.11
山頭火 種田山頭火 著 ; 村上護 編 春陽堂書店
2011.6
山頭火 種田山頭火 著 ; 村上護 編 春陽堂書店
2011.6
山頭火 種田山頭火 著 ; 村上護 編 春陽堂書店
2011.8
山頭火 種田山頭火 著 ; 村上護 編 春陽堂書店
2011.8
山頭火 種田山頭火 著 ; 村上護 編 春陽堂書店
2011.9
山頭火版画句集 種田山頭火 [著] ; 秋山巌 著 春陽堂書店
2008.6
この人物の作品が掲載されている本を検索

作品の一覧

この人物を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この人物と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想