橋口 隆吉   (1914-1996)

橋口 隆吉(はしぐち りゅうきち 1914年8月23日 - 1996年10月4日)は、日本の金属・材料物理学者。 [略歴] 神奈川県横須賀市出身。 府立一中などを経て、1939年東京帝国大学工学部冶金学科卒業。 1954年から1975年まで東京大学工学部教授。 1976年から1983年まで東京理科大学理工学部長を歴任。 東大教授時代から日本の核融合炉の材料開発の第一人者として携わる。 「内部摩擦による金属材料の研究(金属結晶格子欠陥の内部摩擦現象)」研究にて西山賞、学士院賞を受賞した。 [業績] 1974年 西山賞 1976年 学士院賞 1981年 日本金属物理学会賞 1982年 本多記念...

「Wikipedia」より

この人物の情報

人物名ヨミ ハシグチ リュウキチ
人物別名 橋口隆吉
生年 1914年
没年 1996年
職業・経歴等 教員

本の一覧

タイトル 著作者等 出版元 刊行年月
金属物理学の歩み 橋口隆吉 著 アグネ技術センター
1997.3
金属物理学の歩み : 転位論研究の発展を中心として 橋口隆吉著 アグネ
アグネ技術センター
1997.3
金属工学講座 橋口隆吉 等編 朝倉書店
1970
材料科学講座 近角聡信, 橋口隆吉 編 朝倉書店
1969
材料科学講座 近角聡信, 橋口隆吉 編 朝倉書店
1969
材料科学講座 近角聡信, 橋口隆吉 編 朝倉書店
1969
材料科学講座 橋口隆吉, 近角聡信 編 朝倉書店
1969
結晶格子欠陥 近角聡信, 橋口隆吉編 朝倉書店
1969.1
物質の電気的性質 近角聡信, 橋口隆吉編 朝倉書店
1969.2
この人物の作品が掲載されている本を検索

作品の一覧

著作名 著作者名
結晶轉位論 橋口 隆吉
この人物の作品を検索
この人物を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この人物と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想