玉川 一郎   (1905-1978)

玉川 一郎(たまがわ いちろう、1905年11月5日 - 1978年10月15日)は、日本の作家。 東京府生まれ。 東京外国語学校仏語科卒。 ユーモア作家として活躍し、1940年「人情サキソフォン」で直木賞候補。 戦後1950年「川田二等少尉」で再度直木賞候補となった。 フランスの小噺・コントなどを編訳したりした。 [著書] 人情サキソフォン ユウモア短篇集 富士出版社 1940 夜の合唱 東成社 1941 (ユーモア文庫) インテリ女中日記 新興音楽出版社 1942 落第先生 中央社 1946 (ユーモア文庫) 青空物語 国民図書刊行会 1948 (ぺんぎん文庫) 京城・鎮海・釜山 新小説...

「Wikipedia」より

この人物の情報

人物名ヨミ タマガワ イチロウ
人物別名 玉川一郎
生年 1905年
没年 1978年
職業・経歴等 小説家

本の一覧

タイトル 著作者等 出版元 刊行年月
大正・本郷の子 玉川一郎 著 青蛙房
2017.4
泉筆・万年ペン・万年筆 玉川一郎 著 国鉄厚生事業協会
1978.9
大正・本郷の子 玉川一郎 著 青蛙房
1977.6
たべもの世相史・東京 玉川一郎 著 毎日新聞社
1976
つんどくほん 玉川一郎 著 永立
1976
勤め人かたぎ百戒 玉川一郎 著 青蛙房
1973
風流落語選 玉川一郎 編 金園社
1970
雑学のすすめ 玉川一郎 著 山王書房
1968
絵入り末摘花 玉川一郎 編 ; 神保朋世 絵 芳賀書店
1967
この人物の作品が掲載されている本を検索
この人物を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この人物と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想