滝井 孝作   (1894-1984)

瀧井 孝作(たきい こうさく、1894年(明治27年)4月4日 - 1984年(昭和59年)11月21日)は、日本の小説家、俳人。 俳句を河東碧梧桐に師事し、小説を芥川龍之介、志賀直哉に兄事した。 文化功労者。 [生涯] 岐阜県大野郡高山町馬場通(現在の高山市大門町)に、新三郎 - ゆきの次男として生まれた。 新三郎は名人と言われる指物師であった。 1900年(明治33年)6歳、高山尋常小学校へ入学。 1906年、母ゆき没。 町の魚問屋に丁稚奉公し、1908年、店の隣りの青年に俳句を教わった。 1909年、全国俳句行脚で来た河東碧梧桐に認められ、句誌への投稿を始めた。 号は『折柴』(読みは初...

「Wikipedia」より

この人物の情報

人物名ヨミ タキイ コウサク
人物別名 滝井孝作

瀧井, 孝作
生年 1894年
没年 1984年
職業・経歴等 小説家

本の一覧

タイトル 著作者等 出版元 刊行年月
無限抱擁 瀧井孝作 著 講談社
2005.8
松島秋色 瀧井孝作 著 講談社
1999.1
作家の自伝 佐伯彰一, 松本健一 監修 日本図書センター
1999.4
志賀さんの生活など 滝井孝作 著 日本図書センター
1993.6
碧梧桐全句集 河東碧梧桐 著 ; 栗田靖 編 蝸牛社
1992.4
志賀直哉対談日誌 滝井孝作 著 ; 紅野敏郎 編・解説 日本図書センター
1992.10
なつかしき人々 : 碧梧桐随筆集 河東碧梧桐 著 ; 滝井孝作 編 桜楓社
1992.9
昭和文学全集 井上靖 ほか編 小学館
1989.5
無限抱擁 滝井孝作 著 中央公論社
1985.1
この人物の作品が掲載されている本を検索

作品の一覧

この人物を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この人物と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想