多木 浩二   (1928-2011)

多木 浩二(たき こうじ、1928年 - 2011年4月13日)は、日本の思想家、批評家(美術評論家・写真評論家)。 専門は、芸術学、哲学。 [来歴・人物] 兵庫県神戸市生まれ。 旧制第三高等学校、東京大学文学部美学美術史学科卒業。 東京造形大学教授、千葉大学教授、神戸芸術工科大学客員教授を歴任。 1955年、『美術批評』誌の第2回芸術評論賞にて「井上長三郎論」で佳作入選。 中平卓馬、森山大道とともにPROVOKEの同人であったこともあり、写真についての評論を多く手がけているが(『日本写真史1840-1945(平凡社・1971年)』の本文の一部執筆も行っている)、それに限られることなく、美術...

「Wikipedia」より

この人物の情報

人物名ヨミ タキ コウジ
人物別名 多木浩二
生年 1928年
没年 2011年
職業・経歴等 教員

本の一覧

タイトル 著作者等 出版元 刊行年月
生き抜く力を身につける 大澤真幸, 北田暁大, 多木浩二, 宮沢章夫, 阿形清和, 鵜飼哲, 西谷修 著 筑摩書房
2015.5
文化社会学基本文献集 吉見俊哉 監修 日本図書センター
2014.1
デザインの自然学 ジョージ・ドーチ 著 ; 多木浩二 訳 青土社
2014.5
時間のヒダ、空間のシワ…〈時間地図〉の試み 杉浦康平 著 鹿島出版会
2014.10
視線とテクスト : 多木浩二遺稿集 多木浩二 著 ; 多木浩二追悼記念出版編纂委員会 編集 青土社
2013.1
多木浩二と建築 長島明夫 編 長島明夫
2013.4
映像の歴史哲学 多木浩二 著 ; 今福龍太 編 みすず書房
2013.6
トリノ = TORINO : 夢とカタストロフィーの彼方へ 多木浩二 著 ; 多木陽介 監修 Bearlin
新宿書房
2012.9
世紀末の思想と建築 磯崎新, 多木浩二 著 岩波書店
2011.11
この人物の作品が掲載されている本を検索

作品の一覧

この人物を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この人物と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想