竹内 愛二   (1895-1980)

竹内 愛二(たけうち あいじ、1895年(明治28年)7月9日 - 1980年(昭和55年))は、ケースワーク研究の第一人者である。 長崎県に生まれる。 アメリカのケースワーク理論を、最初に日本に紹介したことで知られる。 現在の清和大学にて「ケース・ウォーク」を教えるなど、日本の科学的・専門的なケースワーク理論の確立と発展に貢献した。 1949年、関西学院にて社会福祉学専攻の講師となる。 1952年、教授に就任。 [著書] 『ケース・ウォークの理論と実際』巌松堂書店、1949年、ASIN B000JBKTZG 『グループ・ウォークの技術』中央社会福祉協議会、1951年、ASIN B000J...

「Wikipedia」より

この人物の情報

人物名ヨミ タケウチ アイジ
人物別名 竹内愛二
生年 1895年
没年 1980年
職業・経歴等 教員

本の一覧

タイトル 著作者等 出版元 刊行年月
戦後社会福祉基本文献集 一番ヶ瀬康子, 井岡勉, 遠藤興一 編 日本図書センター
2001.4
戦後社会福祉基本文献集 一番ヶ瀬康子, 井岡勉, 遠藤興一 編 日本図書センター
2000.11
戦前期社会事業基本文献集 竹内愛二著 日本図書センター
1997.2
医療福祉の研究 内田守, 岡本民夫 編 ミネルヴァ書房
1980.9
社会福祉の哲学 : 新実存主義的考察 竹内愛二著 相川書房
1979.9
日常生活を歌う : 竹内愛二歌集 竹内愛二著 竹内愛二
1975.6
新しい社会福祉入門 竹内愛二著 讃岐書房
1974.12
新しい社会福祉入門 竹内愛二著 讃岐書房
1973.4
保育所の機能と近代化 竹内愛二, 小田憲三 共著 黎明書房
1970
この人物の作品が掲載されている本を検索

作品の一覧

この人物を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この人物と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想