武井 群嗣   (1889-1965)

武井 群嗣(たけい ぐんじ、1889年(明治22年)9月17日 - 1965年(昭和40年)1月26日)は、群馬県出身の内務・厚生官僚、国会職員。 官選県知事、厚生次官。 [経歴] 武井捨五郎の二男として生まれる。 東京高等師範学校に入学し、在学時は蹴球部(現:筑波大学蹴球部)に所属した。 東京高師卒業後の1917年5月、第3回極東選手権競技大会の日本代表に佐々木等や藤井春吉らと共に選出され、2試合に出場した。 1919年10月、文官高等試験行政科試験に合格。 1920年、京都帝国大学法学部法律学科(独法)を卒業。 内務省に入省し衛生局属となる。 以後、東京都事務官、内務事務官、内務省土木局...

「Wikipedia」より

この人物の情報

人物名ヨミ タケイ グンジ
人物別名 武井群嗣
生年 1889年
没年 1965年
職業・経歴等 サッカー選手

本の一覧

タイトル 著作者等 出版元 刊行年月
日本社会保障基本文献集 菅沼隆 監修 日本図書センター
2006.6
農業土木古典選集 農業土木学会古典復刻委員会 編 日本経済評論社
1992.9
厚生省小史 : 私の在勤録から 武井群嗣 著 厚生問題研究会
1952
比較水法論 武井群嗣 著 常磐書房
昭11
土木行政 武井群嗣, 田中好 著 常磐書房
昭和10
高等土木工学 田中好著 常磐書房
昭和7
水に関する学説判例実例総覧 武井群嗣, 安田正鷹 共編 松山房
1931
水に関する学説判例実例総覧 武井群嗣, 安田正鷹 編 松山房
昭和6
土木行政要義 武井群嗣 著 良書普及会
昭和4
この人物の作品が掲載されている本を検索

作品の一覧

この人物を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この人物と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想