武田 祐吉   (1886-1958)

Wikipedia「武田祐吉

「青空文庫」より

武田 祐吉(たけだ ゆうきち、1886年5月5日 - 1958年3月29日)は、大正・昭和期の日本の国文学者。 [人物] 東京市日本橋区(現・東京都中央区)出身。 大阪で育ち、天王寺中学を経て國學院大學に入学、1913年に卒業した後は一時小田原中学の教諭となる。 後に辞職して佐佐木信綱の『校本万葉集』編纂に従事する。 なお、その最中に佐佐木が蒐集していた古文書の中から花山院長親の『耕雲千首』を発見し、その奥書より後亀山天皇の元中年間の南朝に仙洞(上皇)がいたことを示す記述を発見した。 元中年間には既に後醍醐天皇・後村上天皇は崩御しており、仙洞として存在する可能性があるのは、この当時即位の事実...

「Wikipedia」より

この人物の情報

人物名ヨミ タケダ ユウキチ
人物別名 武田祐吉
生年 1886年
没年 1958年
職業・経歴等 文学研究者

本の一覧

タイトル 著作者等 出版元 刊行年月
読み下し日本三代実録 武田祐吉, 佐藤謙三 訳 戎光祥
2009.9
読み下し日本三代実録 武田祐吉, 佐藤謙三 訳 戎光祥
2009.9
日本文学者評伝集 塩田良平, 森本治吉 編 クレス
2008.6
萬葉集歌人研究叢書 青木周平 ほか編・解説 クレス
2004.4
校註日本文芸新篇万葉集抄 武田祐吉, 沢瀉久孝, 久松潜一 編 武蔵野書院
1951.9(45版:1997.9)
校註万葉集新選 武田祐吉, 沢瀉久孝, 久松潜一 共編 武蔵野書院
1959.4(47版:1994.3)
古事記大成 久松潜一 ほか著 平凡社
1994.6
古事記 祝詞 倉野憲司 校注武田祐吉 校注 岩波書店
1993.11
通解名歌辞典 武田祐吉, 土田知雄 著 創拓社
1990.12
この人物の作品が掲載されている本を検索

作品の一覧

この人物を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この人物と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想