武林 無想庵   (1880-1962)

武林 無想庵(たけばやし むそうあん、1880年2月23日 - 1962年3月27日)は、日本の小説家、翻訳家。 本名は磐雄(いわお)、のちに盛一(せいいち)。 [略歴] 北海道札幌市に生まれる。 父は三島常盤。 幼少時に東京の写真師、武林盛一の養子となる。 東京府立一中・一高を経て東京帝国大学英文科に進学、後に国文科に転籍した。 在学中より小山内薫、川田順らと雑誌「七人」を創刊し、柳田國男らの竜土会に参加。 ダダイストの辻潤らと親交を持つ。 大学中退後に京都新聞社員となるも、その後、破滅的な耽溺生活に入り、放浪を繰り返す。 1920年、二番目の妻となる中平文子(後に宮田文子)と結婚後、渡欧...

「Wikipedia」より

この人物の情報

人物名ヨミ タケバヤシ ムソウアン
人物別名 武林無想庵

武林, 盛一
生年 1880年
没年 1962年
職業・経歴等 小説家

本の一覧

タイトル 著作者等 出版元 刊行年月
最初の衝撃 大杉栄 ほか著 学芸書林
2002.9
巴里の胃袋 エミール・ゾラ [著] ; 武林無想庵 訳 本の友社
1999.6
巴里の胃袋 エミール・ゾラ [著] ; 武林無想庵訳 本の友社
1999.6
むさうあん物語 : 気まぐれの愛好者 武林無想庵 作 ; 武林朝子 口述筆記 記録文化社
1998.3
世界を股に 武林無想庵 著 記録文化社
1994.2
無想庵物語イヴォンヌ 武林無想庵著 記録文化社
1985
無想庵物語 : 巴里の腹へ 武林無想庵作 ; 武林朝子筆記 記録文化社
1983.7
北海道文学全集 石森延男 [ほか] 著 立風書房
1980.4
放浪通信 武林無想庵 著 ; 無想庵の会 編 記録文化社
1973
この人物の作品が掲載されている本を検索

作品の一覧

この人物を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この人物と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想