高安 国世   (1913-1984)

高安 国世(たかやす くによ、男性、1913年8月11日 - 1984年7月30日)は、日本の歌人、ドイツ文学者。 専門はリルケであり、多くの作品を翻訳している。 短歌結社「塔」創設者。 大阪府大阪市道修町出身。 父高安道成は医師、母やす子はアララギの歌人。 母の影響を受けて短歌を志し、アララギに入会、土屋文明に師事する。 リアリズムに基礎を置きながらも、現実には存在しないものを表現の対象に求めるなど、常に新しい表現を求め続けた。 京都大学短歌会の顧問もつとめ、永田和宏や栗木京子を育てた。 三男高安醇は画家。 [略歴] 旧制甲南高校では、内田義彦、下村正夫と同期。 野間宏とも交流を持つ。 1...

「Wikipedia」より

この人物の情報

人物名ヨミ タカヤス クニヨ
人物別名 高安国世
生年 1913年
没年 1984年
職業・経歴等 文学研究者

本の一覧

タイトル 著作者等 出版元 刊行年月
ブリギッタ 森の泉 : 他一篇 シュティフター 作 ; 宇多五郎 訳シュティフター 作 ; 宇多五郎, 高安国世 訳 岩波書店
2011.3
リルケ詩集 リルケ 著 ; 高安国世 訳 岩波書店
2010.2
高安国世アンソロジー 高安国世 著 ; 永田和宏 編 青磁社
2009.11
若き詩人への手紙 ; 若き女性への手紙 リルケ[著] ; 高安国世訳 新潮社
2007.8
真実 : 歌集 高安国世 著 短歌新聞社
2000.8
リルケの言葉 リルケ 著 ; 高安国世 訳編 弥生書房
1991.6
薔薇感覚 : 鎌倉千和歌集 鎌倉千和 著 沖積舎
1987.6
高安国世全歌集 高安国世 著 ; 塔短歌会 編 沖積舎
高安和子
1987.10
光の春 : 歌集 高安国世著 短歌新聞社
1984.6
この人物の作品が掲載されている本を検索

作品の一覧

この人物を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この人物と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想