高津 正道   (1893-1974)

高津 正道(たかつ まさみち、1893年4月20日 - 1974年1月9日)は、日本の社会運動家、政治家。 衆議院副議長などを務めた。 広島県御調郡羽和泉村(現・三原市)生まれ。 [来歴・人物] 1918年、妻多代子(のち日本初の女性社会主義グループ「赤瀾会」創立メンバー、28歳で早逝)と共に上京し、早稲田大学文学部哲学科に入学。 在学中「暁民会」を組織、活発な社会主義運動を展開、そのため大学を追われ1921年、日本社会主義同盟を設立。 翌、1922年日本共産党(第一次共産党)の創立に参加し中心メンバーとなるが、翌1923年中国及びソ連に亡命。 2年後帰国し共産党を脱党。 1927年、労農党...

「Wikipedia」より

この人物の情報

人物名ヨミ タカツ セイドウ
人物別名 高津正道
生年 1893年
没年 1974年
職業・経歴等 衆議院議員

本の一覧

タイトル 著作者等 出版元 刊行年月
石油! アプトン・シンクレア 著 ; 高津正道, ポール・ケート 訳 平凡社
2008.4
旗を守りて 高津正道 著 竹内書店新社
高津正道を偲ぶ広島刊行委員会
1986.10
親米か反米か : 新しい愛国者の道 高津正道 著 風間書房
1953
社會主義と共産主義 高津正道著 社会新聞社
1951.1
ソ聯の勝因とドイツの敗因 高津正道 著 海洋社
昭和20
ソ聯の勝因とドイツの敗因 高津正道 著 海洋社
1945
フアツシヨの偶像 : ムソリニの正体 ジヨーヂ・セルデス 著 ; 高津正道 訳 新生社
昭11
邪教新論 高津正道 著 北斗書房
昭11
社会病理学 マン, クヰーン 共著 ; 高津正道, 新保民八 訳 非凡閣
昭和10
この人物の作品が掲載されている本を検索

作品の一覧

この人物を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この人物と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想