高原 明生   (1958-)

高原 明生(たかはら あきお、1958年 - )は、日本の政治学者、東京大学大学院法学政治学研究科教授。 公益財団法人日本国際フォーラム研究員、政策委員。 現代中国政治、東アジア国際政治が専門。 兵庫県神戸市生まれ。 東京大学法学部卒業後、サセックス大学大学院で修士課程および博士課程修了(D.Phil)。 笹川平和財団研究員、在香港日本国総領事館専門調査員、桜美林大学国際学部専任講師・助教授、立教大学法学部助教授・教授を経て、2005年から現職。 父親は元伊藤忠商事常務取締役の高原友生。 [著書] The politics of wage policy in post-revolutiona...

「Wikipedia」より

この人物の情報

人物名ヨミ タカハラ アキオ
人物別名 高原明生
生年 1958年
没年 -
職業・経歴等 教員

本の一覧

タイトル 著作者等 出版元 刊行年月
中国の外交戦略と世界秩序 : 理念・政策・現地の視線 川島真 [ほか] 編 昭和堂
2020.1
証言戦後日中関係秘史 天児慧, 高原明生, 菱田雅晴編 岩波書店
2020.3
現代台湾の政治経済と中台関係 松田康博, 清水麗編著 晃洋書房
2018.3
開発主義の時代へ 高原明生, 前田宏子 著 岩波書店
2014.8
共同討議日中関係なにが問題か 高原明生, 菱田雅晴, 村田雄二郎, 毛里和子 編 岩波書店
2014.9
社会人のための現代中国講義 高原明生, 丸川知雄, 伊藤亜聖 編 東京大学出版会
2014.11
「領土問題」の論じ方 新崎盛暉, 岡田充, 高原明生, 東郷和彦, 最上敏樹 著 岩波書店
2013.1
調和社会の政治学 : 調和的な発展政策の形成と執行の総合的研究 高原明生代表者 高原明生
2013.3
日中関係史 = Modern History of Japan-China Relations 国分良成, 添谷芳秀, 高原明生, 川島真 著 有斐閣
2013.12
この人物の作品が掲載されている本を検索

作品の一覧

この人物を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この人物と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想