高杉 良   (1939-)

高杉 良(たかすぎ りょう、1939年1月25日 - )は、日本の小説家。 ビジネスマン小説の巨匠として知られる。 [経歴] 東京府(現東京都)出身。 子供の頃から病弱で、入退院を繰り返しながらグリム兄弟やアンデルセンの童話に没頭し、童話作家を志したこともある。 業界紙の『石油化学新聞』に入社後、編集長まで務める。 業界紙に務めている時に急性肝炎で入院し、会社に対して負い目を感じたことに加え、小学校からの友人だった大竹堅固(当時日本経済新聞記者)から小説を書くことを薦められて、作家として身を立てることを決意した。 1975年に『虚構の城』で作家デビューする。 余りにリアリティーのあるストーリ...

「Wikipedia」より

この人物の情報

人物名ヨミ タカスギ リョウ
人物別名 高杉良
生年 1939年
没年 -
職業・経歴等 小説家

本の一覧

タイトル 著作者等 出版元 刊行年月
雨にも負けず : 小説ITベンチャー 高杉良著 Kadokawa
2019.3
東京にオリンピックを呼んだ男 高杉良 [著] Kadokawa
2018.1
出世と左遷 高杉良著 新潮社
2018.5
懲戒解雇 高杉良著 文芸春秋
2018.6
勁草の人中山素平 高杉良 著 文芸春秋
2017.3
組織に埋れず 高杉良 著 新潮社
2017.5
小説創業社長死す 高杉良 [著] Kadokawa
2017.5
めぐみ園の夏 高杉良 著 新潮社
2017.5
巨大外資銀行 高杉良 [著] 講談社
2017.6
この人物の作品が掲載されている本を検索

作品の一覧

この人物を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この人物と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想