高良 鉄夫   (1913-2014)

高良 鉄夫(たから てつお、1913年6月25日 - 2014年5月17日)は日本の動物学者。 第8代琉球大学学長(就任期間:1970年7月1日 - 1973年6月30日)。 農学博士。 沖縄県本部町出身。 専攻は応用動物学。 ハブの研究で知られ、「ハブ博士」と呼ばれた。 イリオモテヤマネコの発見につながる幼獣の捕獲を果たしたことでも知られる。 沖縄の本土復帰に伴う国立大学化の際の学長であった。 また戦後の1950年から1968年にかけて5回に渡り、調査団を結成して尖閣諸島に上陸して学術調査を実行。 この時のメンバーには後に沖縄社会大衆党委員長となる瑞慶覧長方がいる。 紫綬褒章、勲二等瑞宝章、...

「Wikipedia」より

この人物の情報

人物名ヨミ タカラ テツオ
人物別名 高良鉄夫
生年 1913年
没年 2014年
職業・経歴等 動物学者

本の一覧

タイトル 著作者等 出版元 刊行年月
自然の示唆と人生 高良鉄夫 著 那覇出版社
2004.4
日本民俗文化資料集成 谷川健一 責任編集 三一書房
1998.5
沖縄の資源探訪 高良鉄夫 著 琉球新報社
1991.11
沖縄の資源探訪 : 高良鉄夫随想集 高良鉄夫著 琉球新報社
1991.11
馬と語る・馬を語る 高良鉄夫 著 那覇出版社
1988.10
馬と語る・馬を語る : 愉快で不思議な馬ものがたり 高良鉄夫著 那覇出版社
1988.10
全集日本動物誌 高良鉄夫著 ; 亀谷了著 ; 三戸サツヱ著 講談社
1983.9
沖縄の秘境を探る 高良鉄夫著 琉球新報社
那覇出版社
1980.7
沖縄動植物研究史 高良鉄夫, 天野鉄夫 著 「沖縄動植物研究史」刊行会
1977.2
この人物の作品が掲載されている本を検索

作品の一覧

この人物を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この人物と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想