高村 光雲   (1852-1934)

東京生まれ。彫刻家。文久3年(1863)仏師高村東雲の門に入って木彫を学び、高村姓を継ぐ。明治10年(1877)内国勧業博覧会で最高賞を受賞。19年(1886)東京彫工会を設立。22年(1889)から東京美術学校で彫刻科を指導した。木彫に写実主義の技法を取り入れ、山崎朝雲、平櫛田中など後進の育成にも尽力した。大正8年(1919)帝国美術院会員。代表作は「老猿」「楠公像」「西郷隆盛像」など。詩人・彫刻家の高村光太郎、鋳金家の高村豊周の父。

「近代日本人の肖像」より

Wikipedia「高村光雲

「青空文庫」より

高村 光雲(たかむら こううん、1852年3月8日(嘉永5年2月18日) - 1934年(昭和9年)10月10日)は、日本の仏師、彫刻家。 幼名は光蔵。 高村光太郎、高村豊周は息子。 写真家の高村規は孫。 [経歴] 江戸下谷(現・台東区)に町人兼吉の子として生まれる。 1863年(文久3年)から仏師の高村東雲の元に徒弟となる。 後に東雲の姉エツの養子となり、高村姓となる。 明治維新以後は廃仏毀釈運動の影響で、仏師としての仕事はなく、輸出用の象牙彫刻が流行したために木彫も衰え、光雲自身の生活も苦しかった。 そのような中で光雲は木彫に専念、積極的に西洋美術を学び、衰退しかけていた木彫を写実主義を...

「Wikipedia」より

この人物の情報

人物名ヨミ タカムラ コウウン
人物別名 高村光雲
生年 1852年
没年 1934年
職業・経歴等 芸術家

本の一覧

タイトル 著作者等 出版元 刊行年月
芸術するのは、たいへんだ!? = It's Hard to Do Art,isn't It? 倉田百三, 高村光雲, 林芙美子, 与謝野晶子, 坂口安吾, 宮城道雄, 高浜虚子, 正岡容, 竹久夢二, 二代目市川左團次, 森律子, 岸田國士 作 くもん
2013.11
高村光雲と石川光明 高村光雲, 石川光明 [作] ; 村田理如 監修 清水三年坂美術館
2011.9
高村光雲 : 木彫七十年 高村光雲 著 日本図書センター
2000.10
木彫高村光雲 高村光雲 [作] ; 高村規 著 中教
1999.9
幕末維新懐古談 高村光雲 著 岩波書店
1995.1
高村光雲懐古談 高村光雲著 新人物往来社
1970
木彫七十年 高村光雲 著 中央公論美術
1967
光雲懐古談 高村光雲 著 万里閣書房
昭和4
この人物の作品が掲載されている本を検索

作品の一覧

この人物を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この人物と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想