三崎 亜記   (1970-)

三崎 亜記(みさき あき、1970年 - )は、日本の小説家。 福岡県久留米市在住。 熊本大学文学部史学科卒業。 男性。 1998年、パソコンを買ったことをきっかけに、市役所職員のかたわら「となり町戦争」の執筆を始め、2004年に同作で第17回小説すばる新人賞受賞しデビュー。 2006年、第3作「失われた町」の刊行後、市役所を辞し専業作家となる。 [文学賞受賞・候補] 2004年 - 『となり町戦争』で第17回小説すばる新人賞受賞、第18回三島由紀夫賞候補、第133回直木賞候補。 2006年 - 「バスジャック」で第59回日本推理作家協会賞短編部門候補。 2006年 - 『失われた町』で第1...

「Wikipedia」より

この人物の情報

人物名ヨミ ミサキ アキ
人物別名 三崎亜記
生年 1970年
没年 -
職業・経歴等 小説家

本の一覧

タイトル 著作者等 出版元 刊行年月
チェーン・ピープル 三崎亜記 著 幻冬舎
2017.4
図書館情調 日比嘉高 編 皓星社
2017.6
ニセモノの妻 三崎亜記 著 新潮社
2016.4
玉磨き 三崎亜記 [著] 幻冬舎
2016.6
メビウス・ファクトリー 三崎亜記 著 集英社
2016.8
ターミナルタウン 三崎亜記 著 文芸春秋
2016.10
決起! 三崎亜記 [著] Kadokawa
2015.2
終舞! 三崎亜記 [著] Kadokawa
2015.2
手のひらの幻獣 三崎亜記 著 集英社
2015.3
この人物の作品が掲載されている本を検索

作品の一覧

この人物を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この人物と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想