高橋 茂   (1921-)

高橋茂(たかはし しげる、1921年4月1日 - 2005年11月22日)は、東京工科大学名誉教授。 慶應義塾大学工学部電気工学科卒業。 工学博士。 1944年6月、慶應義塾大学卒業前に運輸通信省電気試験所第5部に入所する。 1953年に「電気絶縁材料の誘電特性とその測定法の研究」において、慶應義塾大学第一号となる工学博士の学位を授与された。 その後トランジスタ計算機の開発に着手し、ETL Mark IIIを完成させた。 ETL Mark IIIは、日本では2番目、トランジスタ式計算機としては日本初の電子式コンピュータである。 さらにETL MarkIIIに次いで、接合型トランジスタの採用で安...

「Wikipedia」より

この人物の情報

人物名ヨミ タカハシ シゲル
人物別名 高橋茂
生年 1921年
没年 -
職業・経歴等 工学者

本の一覧

タイトル 著作者等 出版元 刊行年月
コンピュータクロニクル 高橋茂 著 オーム社
1996.6
計算機工学概論 : 計算機アーキテクチャと構成方式 高橋茂, 工藤知宏 著 共立
1993.4
計算機と情報システム 高橋茂 著 共立
1990.11
ハードウェア工学概論 : 計算機アーキテクチャと構成方式 高橋茂 著 共立
1988.5
電子計算機 高橋茂編 電気書院
c1983
電子計算機 - 電気書院
1982.12-1983.6
情報科学講座 北川敏男 等編 共立
1975
ディジタル電子計算機 高橋茂 編 日刊工業新聞社
1965
事務用計算機のプログラミング Daniel D.McCracken, Harold Weiss, Tsai-hwa Lee 著 ; 高橋茂 等訳 光琳書院
1961
この人物の作品が掲載されている本を検索
この人物を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この人物と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想