針生 一郎   (1925-2010)

針生 一郎(はりう いちろう、1925年12月1日 - 2010年5月26日)は、日本の美術評論家、文芸評論家。 和光大学名誉教授。 [人物] 宮城県仙台市生まれ。 旧制第二高等学校卒業、東北大学文学部卒業。 東京大学大学院で美学を学ぶ。 大学院在学中、岡本太郎、花田清輝、安部公房らの「夜の会」に参加。 1953年、軍国少年だったことへの反省から日本共産党に入党したが、1961年、60年安保闘争時の時の共産党の指導方針を批判して除名される。 反権威的な美術評論・文芸評論で活躍、日本藝術院批判の急先鋒でもあった。 1970年の大阪万博に反対。 第三世界にも目を向けた活動を行った。 新日本文学会...

「Wikipedia」より

この人物の情報

人物名ヨミ ハリュウ イチロウ
人物別名 針生一郎
生年 1925年
没年 2010年
職業・経歴等 文芸評論家

本の一覧

タイトル 著作者等 出版元 刊行年月
戦争と美術 針生一郎, 椹木野衣, 蔵屋美香, 河田明久, 平瀬礼太, 大谷省吾 編 国書刊行会
2016.12
針生一郎と戦後美術 : わが愛憎の画家たち : アヴァンギャルドを見つめつづけた反骨の評論家の足跡 宮城県美術館編 美術館連絡協議会
読売新聞社
c2015
針生一郎オーラル・ヒストリー 針生一郎 [述] ; 建畠晢, 加治屋健司 インタヴュアー 日本美術オーラル・ヒストリー・アーカイヴ
2015.3
文化社会学基本文献集 吉見俊哉 監修 日本図書センター
2014.1
ルポルタージュとは何か? 安部公房, 小林勝, キッシュ, ブブリーク [著] 三人社
2014.12
原榮三郎回顧展 - 原榮三郎回顧展実行委員会
2010.2
多摩の美術家 針生一郎序文・解説 調布画廊
2008.4
戦争と美術 : 1937-1945 針生一郎, 椹木野衣, 蔵屋美香, 河田明久, 平瀬礼太, 大谷省吾 編 国書刊行会
2007.12
和光大学創立40周年記念展 和光大学表現学部芸術学科編集 和光大学
2007.2
この人物の作品が掲載されている本を検索

作品の一覧

この人物を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この人物と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想