高橋 彦博   (1931-)

高橋 彦博(たかはし ひこひろ、1931年3月24日 - )は、日本の政治学者。 法政大学社会学部名誉教授、法政大学大原社会問題研究所嘱託研究員。 研究テーマは日本現代史・政治史、社会労働運動史、日本の社会民主主義。 学派としては学部指導教授だった増島宏、大学院の指導教授だった中村哲に連なる。 長年にわたり日本共産党の「党員知識人」であったが、著書『左翼知識人の理論責任』の出版後、一方的に除籍される。 以降は同時期に除籍となった加藤哲郎、後房雄とともに日本共産党批判の急先鋒に立つ。 また研究・指導活動のみならず、1984年の法政大学キャンパス移転の際には、社会学部学部長として学内の調整、移転反...

「Wikipedia」より

この人物の情報

人物名ヨミ タカハシ ヒコヒロ
人物別名 高橋彦博
生年 1931年
没年 -
職業・経歴等 政治学者

本の一覧

タイトル 著作者等 出版元 刊行年月
同窓会会報 : 第一号〜第五号 法政大学大原社会問題研究所監修 柏書房
2010.10
主潮 : 第六号〜第一五号/解題/総目次 法政大学大原社会問題研究所監修 柏書房
2010.10
労働雑誌『人と人』 法政大学大原社会問題研究所監修 柏書房
2009.9-2010.10
産業福利 梅田俊英, 高橋彦博, 横関至編集・解題 柏書房
2007.5-2008.10
協調会史料都市・農村生活調査資料集成 法政大学大原社会問題研究所 監修 ; 梅田俊英, 高橋彦博, 横関至 編集・解題 柏書房
2005.7
協調会史料都市・農村生活調査資料集成 法政大学大原社会問題研究所 監修 ; 梅田俊英, 高橋彦博, 横関至 編集・解題 柏書房
2005.7
協調会史料都市・農村生活調査資料集成 法政大学大原社会問題研究所 監修 ; 梅田俊英, 高橋彦博, 横関至 編集・解題 柏書房
2005.7
協調会史料都市・農村生活調査資料集成 法政大学大原社会問題研究所 監修 ; 梅田俊英, 高橋彦博, 横関至 編集・解題 柏書房
2005.7
協調会史料都市・農村生活調査資料集成 法政大学大原社会問題研究所 監修 ; 梅田俊英, 高橋彦博, 横関至 編集・解題 柏書房
2005.7
この人物の作品が掲載されている本を検索

作品の一覧

この人物を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この人物と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想