高木 俊輔   (1939-)

高木 俊輔(たかぎ しゅんすけ、1939年(昭和14年)9月15日 - )は、日本史学者、国文学研究資料館名誉教授。 [来歴] 長野県松本市生まれ。 1962年東京教育大学文学部史学科卒業。 70年同大学院文学研究科博士課程単位取得退学、静岡大学人文学部講師、71年助教授、1973年信州大学人文学部助教授。 1976年「明治維新草莽運動史」で文学博士(東京教育大学)。 84年信大教授、1994年国文学研究資料館教授、98年同史料館館長、2000年定年退官、名誉教授、立正大学教授。 2010年退職。 [著書] 『維新史の再発掘 相楽総三と埋もれた草莽たち』日本放送出版協会 NHKブックス、1...

「Wikipedia」より

この人物の情報

人物名ヨミ タカギ シュンスケ
人物別名 高木俊輔

髙木, 俊輔
生年 1939年
没年 -
職業・経歴等 歴史学者

本の一覧

タイトル 著作者等 出版元 刊行年月
三河 地方史研究協議会 編 雄山閣
2016.10
近世農民日記の研究 髙木俊輔 著 塙書房
2013.9
明治維新と豪農 : 古橋暉皃の生涯 高木俊輔 著 吉川弘文館
2011.8
信濃国麻績宿名主日記 : 葦沢家「歳中日記帳」嘉永五年~安政元年 高木俊輔 編 岩田書院
2009.12
幕末・明治期庶民日記に関する史料学的研究 研究代表者高木俊輔 立正大学文学部
-
伊那・木曾谷と塩の道 高木俊輔 編 吉川弘文館
2003.6
日本近世史料学研究 : 史料空間論への旅立ち 高木俊輔, 渡辺浩一 編著 北海道大学図書刊行会
2000.2
「在欧日本史料の所在と現状に関する調査」研究報告書 高木俊輔研究代表 国文学研究資料館史料館
2000.3
「在欧日本史料の所在と現状に関する調査」研究報告書 研究代表者高木俊輔 高木俊輔
2000.3
この人物の作品が掲載されている本を検索

作品の一覧

この人物を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この人物と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想