田原 八郎   (1947-)

田原 八郎(たはら はちろう、1947年 - )は民俗学者。 「渡世民俗の精神」「新選組武士道」の著者。 大阪府大阪市生まれ。 彼は日本民俗を「神事・農耕・渡世」の三つに分け取り分け「渡世」の民俗を研究の中心にしている。 相撲・歌舞伎・花柳・侠客・博徒・渡り鳥・魚屋・人斬り・医師などの渡世集団の存在を挙げ、新選組も「人斬り」の「剣戟戦闘渡世集団」と位置付けている。 勧進相撲集団も運動競技興行渡世集団と見なし、古代からの伝承を批判的に検証している。 日本の民俗学者 大阪市出身の人物 1947年生 存命人物

「Wikipedia」より

この人物の情報

人物名ヨミ タハラ ハチロウ
人物別名 田原八郎
生年 1947年
没年 -
職業・経歴等 民俗学者

本の一覧

タイトル 著作者等 出版元 刊行年月
生きることの幸せをうるために 田原八郎 著 星雲社
風詠社
2014.7
天皇の哲学 田原八郎 著 早稲田
2012.4
モハメド・アリ : 合衆国と闘った輝ける魂 田原八郎 著 燃焼社
2003.8
新選組武士道 : 「退くな!」の美学 田原八郎 著 燃焼社
2003.11
渡世民俗の精神 : 遊女・歌舞伎・医師・任侠・相撲渡世の近現代史 田原八郎 著 燃焼社
2002.7
相撲渡世 : 角力士たちの反逆 田原八郎 著 未知谷
1998.7
一統の論理 : 武士団にみる棟梁たちの規範学 田原八郎 著 未知谷
1997.3
徳川慶喜維新への挑戦 田原八郎 著 新人物往来社
1997.12
道を開く生き方 : Ecce homo 田原八郎 著 PHP研究所
1994.8
この人物の作品が掲載されている本を検索
この人物を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この人物と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想