鈴木 範久   (1935-)

鈴木 範久(すずき のりひさ、1935年(昭和10年)1月7日 - )は、日本の宗教史学者、立教大学名誉教授。 愛知県生まれ。 東京大学大学院宗教学専攻博士課程満期退学。 1967年立教大学一般教育部助教授、教授、コミュニティ福祉学部教授、2002年定年退任、名誉教授。 主として内村鑑三など、近代日本キリスト教を研究する。 [著書] 『倉田百三 近代日本人と宗教』大明堂、1970 『内村鑑三とその時代 志賀重昂との比較』日本基督教団出版局、1975 『明治宗教思潮の研究 宗教学事始』東京大学出版会、1979 『内村鑑三をめぐる作家たち』玉川大学出版部 (玉川選書)、1980 ...

「Wikipedia」より

この人物の情報

人物名ヨミ スズキ ノリヒサ
人物別名 鈴木範久
生年 1935年
没年 -
職業・経歴等 教員

本の一覧

タイトル 著作者等 出版元 刊行年月
余はいかにしてキリスト信徒となりしか 内村鑑三 著 ; 鈴木範久 訳 岩波書店
2017.2
聖書を読んだ30人 鈴木範久 著 日本聖書協会
2017.5
日本キリスト教史 鈴木範久 著 教文館
2017.8
人物論 鈴木範久編・解説 クレス
2015.11
内村鑑三研究資料集成 鈴木範久 編・解説 クレス
2015.11
内村鑑三研究資料集成 鈴木範久 編・解説 クレス
2015.11
無教会論 鈴木範久編・解説 クレス
2015.11
内村鑑三研究資料集成 鈴木範久 編・解説 クレス
2015.11
内村鑑三研究資料集成 鈴木範久 編・解説 クレス
2015.11
この人物の作品が掲載されている本を検索

作品の一覧

この人物を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この人物と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想