鈴木 三重吉   (1882-1936)

小説家、児童文学者。広島市猿楽町に生まれ、九歳で母を失う。東京帝国大学文学部英文学科在籍時、私淑する夏目漱石に送った「千鳥」が、夏目の推薦を得て「ホトトギス」に掲載される。大学卒業後、一時、中学校教師を務めたが、「小鳥の巣」「桑の実」などを発表、小説家としての評価を高める。娘「すず」のために、子供の読み物をあさったことをきっかけの一つとして、童話への関心を抱くようになり、1916(大正5)年、童話集「湖水の女」を出版。以降は、児童文学に集中する。1918(大正7)年7月、児童文芸誌「赤い鳥」を創刊。芥川竜之介、有島武郎、小川未明、島崎藤村、新美南吉等、当時活躍していた作家に執筆を働きかけて、子供たちに質の高い読み物を提供しようと試みる一方、子供達からの作品を求め、誌面で紹介。「赤い鳥」は、生活綴り方の源流としての役割も果たした。Wikipedia「鈴木三重吉

「青空文庫」より

鈴木 三重吉(すずき みえきち、1882年(明治15年)9月29日 - 1936年(昭和11年)6月27日)は、広島県広島市出身の小説家・児童文学者。 日本の児童文化運動の父とされる。 [来歴] 1882年(明治15年)9月29日、広島県広島市猿楽町(現、中区紙屋町、現在エディオン広島本店 本館がある地)に、父悦二、母ふさの三男として生まれる。 1889年(明治22年)本川小学校に入学。 1891年(明治24年)三重吉が9歳の時に、母ふさが亡くなる。 1893年(明治26年)11歳の時に、第一高等小学校に入学。 1896年(明治29年)広島県広島尋常中学校(現・広島県立広島国泰寺高等学校)に...

「Wikipedia」より

この人物の情報

人物名ヨミ スズキ ミエキチ
人物別名 鈴木三重吉
生年 1882年
没年 1936年
職業・経歴等 教員

本の一覧

タイトル 著作者等 出版元 刊行年月
人は、ひとりでは生きていけない。 アントン・チェーホフ, ウィリアム・バトラー・イェイツ, 魯迅 ほか 作 ; 鈴木三重吉, 芥川龍之介, 井上紅梅 ほか 訳 くもん
2014.12
もう、夢みたいなことばかり言って!! アウグスト・ストリンドベリ, ジュール・ルナール, オスカー・ワイルド ほか 作 ; 楠山正雄, 岸田國士, 有島武郎 ほか 訳 くもん
2014.12
女神の死 ; 天の岩屋 ; 八俣の大蛇 鈴木三重吉 [作] ; スタジオスピーク制作 スタジオスピーク
2013.4, p2013
むかでの室、へびの室 ; きじのお使い 鈴木三重吉 [作] ; スタジオスピーク制作 スタジオスピーク
2013.4, p2013
笠沙のお宮 ; 満潮の玉、干潮の玉 ; 八咫烏 鈴木三重吉 [作] ; スタジオスピーク制作 スタジオスピーク
2013.4, p2013
赤い楯、黒い楯 ; おしの皇子 ; 白い鳥 鈴木三重吉 [作] ; スタジオスピーク制作 スタジオスピーク
2013.4, p2013
朝鮮征伐 ; 赤い玉 ; 宇治の渡し 鈴木三重吉 [作] ; スタジオスピーク制作 スタジオスピーク
2013.4, p2013
難波のお宮 ; 大鈴小鈴 ; しかの群、ししの群 鈴木三重吉 [作] ; スタジオスピーク制作 スタジオスピーク
2013.4, p2013
水上瀧太郎, ネルヴァル, 鈴木三重吉 著 ; 稲生永 訳 ポプラ社
2011.1
この人物の作品が掲載されている本を検索

作品の一覧

この人物を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この人物と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想