永野 護   (1890-1970)

永野 護(ながの まもる、1890年9月5日 - 1970年1月3日)は、日本の実業家。 政治家。 衆議院議員、参議院議員。 島根県濱田市生まれ。 戦後揃って政経財界で活躍した「永野六兄弟」の長兄。 [来歴・人物] 瀬戸内海、広島県下蒲刈島、浄土真宗本願寺派の弘願寺が本家に当たる。 父・法城は寺を継ぐことを嫌い、裁判官となって中国地方の裁判所を転々とするが、最初の赴任地・濱田で生まれたのが護である。 その後島根県松江市で生まれたのが永野重雄(のち新日本製鐵会長、日本商工会議所会頭)、山口県岩国市で生まれたのが永野俊雄(のち五洋建設会長)、山口市で生まれたのが伍堂輝雄(のち日本航空会長)。 父...

「Wikipedia」より

この人物の情報

人物名ヨミ ナガノ マモル
人物別名 永野護
生年 1890年
没年 1970年
職業・経歴等 実業家

本の一覧

タイトル 著作者等 出版元 刊行年月
敗戦真相記 : 予告されていた平成日本の没落 永野護 著 バジリコ
2012.8
初期在北米日本人の記録 奥泉栄三郎 監修 文生書院
2007.5
敗戦真相記 : 予告されていた平成日本の没落 永野護 著 バジリコ
2002.7
敗戰眞相記 永野護著 時局月報社
1946.1
敗戦眞相記 永野護著 時局月報社
1946.4
帝人株賣買經過説明書 永野護 者不明
[19--]
この人物の作品が掲載されている本を検索

作品の一覧

この人物を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この人物と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想