末高 信   (1894-1989)

末高 信(すえたか まこと、1894年9月4日 - 1989年4月4日)は、日本の商学博士、生命保険修士会名誉会長ならびに 生命保険アンダーライティング学院創立者。 東京都台東区出身。 [略歴] 1915年7月 - 早稲田大学大学部商科卒 1916年4月 - 早稲田大学講師 1917年4月 - 早稲田大学助教授 1918年4月 - 早稲田大学教授 1921年1月 - 保険学、経済学研究のためペンシルベニア大学大学院留学 1933年4月 - 商学博士号取得(学位請求論文『社会保険の本質』) 1947年 - 社会保険法規研究会創立。 会長となる 1949年4月 - 早稲田大学(新生)教授に属任 ...

「Wikipedia」より

この人物の情報

人物名ヨミ スエタカ マコト
人物別名 末高信
生年 1894年
没年 1989年
職業・経歴等 経済学者

本の一覧

タイトル 著作者等 出版元 刊行年月
日本社会保障基本文献集 菅沼隆 監修 日本図書センター
2008.1
生命保険経営の論理と現実 末高信, 森田健三 著 成文堂
1977.9
現代の社会保障 末高信, 安井信夫 共著 成文堂
1972
現代の社会保障 末高信, 安井信夫 共著 成文堂
1970
保険学の論理と現実 : 末高信博士古稀祝賀論文集 葛城照三 [ほか] 編 成文堂
1965
生命保険論 末高信 著 成文堂
1965
福祉国家とは何か : その理念と日本の現実を探る 福祉社会研究会編 福祉社会研究会
1964
生命保険論 末高信 著 成文堂書店
1961
講座社会保障 丸山博 等編 至誠堂
1960
この人物の作品が掲載されている本を検索

作品の一覧

この人物を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この人物と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想