末川 博   (1892-1977)

末川 博(すえかわ ひろし、1892年(明治25年)11月20日 - 1977年(昭和52年)2月16日)は、日本の民法学者。 日本学士院会員。 立命館大学名誉総長。 京都帝国大学教授、戦後に立命館大学学長・学校法人立命館総長を歴任。 立命館では末川を名誉総長として顕彰している。 長男は立命館大学名誉教授で歴史学者の末川清。 清の妻は日本画家・橋本関雪の孫娘。 勲四等瑞宝章。 従四位。 [人物] [人物] 1892年 - 山口県玖珂町(現・岩国市)に生まれる。 旧制岩国中学(現山口県立岩国高等学校)を経て1914年に第三高等学校を卒業。 1917年 - 京都帝国大学法科大学卒業 1919年...

「Wikipedia」より

この人物の情報

人物名ヨミ スエカワ ヒロシ
人物別名 末川博
生年 1892年
没年 1977年
職業・経歴等 法学者

本の一覧

タイトル 著作者等 出版元 刊行年月
民商法雜誌DVD : 竹田省・末川博創刊 - 有斐閣
c2016
法学入門 末川博 編 有斐閣
2014.3
法学入門 末川博 編 有斐閣
2009.4
法学入門 末川博 編 有斐閣
2005.2
法学入門 末川博 編 有斐閣
2001.2
法学入門 末川博 編 有斐閣
2000.4
法学入門 末川博 編 有斐閣
1995.2
新法学辞典 杉村敏正 [ほか]編 日本評論社
1991.2
法学入門 末川博 編 有斐閣
1990.2
この人物の作品が掲載されている本を検索

作品の一覧

この人物を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この人物と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想