相馬 黒光   (1876-1955)

Wikipedia「相馬黒光

「青空文庫」より

相馬 黒光(そうま こっこう、1876年9月12日 - 1955年3月2日)は、夫の相馬愛蔵とともに新宿中村屋を起こした実業家、社会事業家である。 旧姓は星、本名は良(りょう)。 [来歴] 旧仙台藩士・星喜四郎、巳之治の三女として仙台に生まれた。 少女期より横浜バンド出身である押川方義の教会「仙台日本基督教会」へ通い、キリスト教信仰を持ち、12歳で洗礼を受けた。 母みのじは漢学者・星雄記の三女で、五女が佐々城豊寿である。 小学校初等科卒業後、裁縫学校に進むが、進学を強く希望し、1891年に、学費の安かったミッションスクール宮城女学校(現・宮城学院中学校・高等学校)に入学が叶った。 しかし、ア...

「Wikipedia」より

この人物の情報

人物名ヨミ ソウマ コッコウ
人物別名 相馬黒光

相馬, 良
生年 1876年
没年 1955年
職業・経歴等 実業家

本の一覧

タイトル 著作者等 出版元 刊行年月
アジアのめざめ : ラス・ビハリ・ボース伝 ラス・ビハリ・ボース, 相馬安雄, 相馬黒光 著 書肆心水
2011.12
黙移相馬黒光自伝 相馬黒光 著 平凡社
1999.5
相馬黒光 : 黙移 相馬黒光 著 日本図書センター
1997.6
夫婦教育 相馬黒光 著 大空社
1997.3
相馬愛蔵・黒光著作集 相馬愛蔵・黒光著作集刊行委員会 編 郷土出版社
1996.3
相馬愛蔵・黒光著作集 相馬愛蔵・黒光著作集刊行委員会 編 郷土出版社
1996.3
相馬愛蔵・黒光著作集 相馬愛蔵・黒光著作集刊行委員会 編 郷土出版社
1996.3
相馬愛蔵・黒光著作集 相馬愛蔵・黒光著作集刊行委員会 編 郷土出版社
1996.3
相馬愛蔵・黒光著作集 相馬愛蔵・黒光著作集刊行委員会 編 郷土出版社
1996.3
この人物の作品が掲載されている本を検索

作品の一覧

この人物を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この人物と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想